頭皮の乾燥対策

使っちゃいけないのは、頭皮の皮脂をほとんど取り除いてしまう石油系の界面活性剤が含まれているシャンプー剤です。ラウリル硫酸(ナトリウム)と成分表にその記載がある商品は、使わないようにします。どれがいいかというと肌に優しいアミノ酸が主原料のシャンプーが良いです。花王のキュレル、第一三共ヘルスケアのミノン...

頭皮の乾燥対策

精神的なストレスがたまったり睡眠時間の不足は、体全部の血流を悪くします。それにより新陳代謝が鈍り、古い角質から新しい角質に変わる肌の循環過程(ターンオーバー)が、正しく行われにくくなります。そうすると肌が持つバリア機能や水分を保つ機能が低下し、乾燥につながります。この乾燥メカニズムは、頭皮でも同様で...

頭皮の乾燥対策

それは止めましょう。シャンプーのし過ぎは、最低限なくてはならない頭皮の油分や水分を過剰に洗い流してしまいます。それにより皮脂を過剰に分泌したり、ひいては臭いの原因になるので、シャンプーの基本は、1日1回です。そして洗髪は、濡らす前のブラッシング、十分に濡らして泡をたて、指の腹でマッサージするように洗...

頭皮の乾燥対策

乾燥している頭皮は、頭皮に水分を維持する機能と雑菌を防ぐ機能が著しく損なわれるので、様々な頭皮トラブルとなります。頭皮トラブルの代表格といえば、フケですね。フケは、脂性と乾性の2種類あります。乾性のフケは、乾燥し過ぎで生まれるのですが、その結果、表皮細胞が剥がれたものです。頭皮が正常であれば、目立た...

頭皮の乾燥対策

接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹という皮膚炎によるものです。皮脂欠乏性湿疹でのかさぶたは、白くて乾燥している感じです。しかし悪化すると出血し、赤黒くなる場合もあります。強い痒みがあっても掻きすぎないようにしましょう。肌に優しいシャンプーを継続することで、症状の改善もあり得ます。接触性皮膚炎によるかさぶた...

頭皮の乾燥対策

皮脂の分泌を抑える:ビタミンB群を意識して脂質や糖質に偏らず、摂取する栄養のバランスに注意します。ホルモンバランス/新陳代謝の改善:ホルモンバランスを乱さないためには、良質な睡眠やノンストレスが大切です。寝て最初の90分間は、ノンレム睡眠といって睡眠の質を決める時間帯と言っても過言ではないので、その...

頭皮の乾燥対策

白は、皮膚に炎症が起きてその後に白っぽい蓋のようなものが、患部にかぶさった感じです。掻き過ぎてできたかさぶたで、落ちてフケになります。黄色は、汁が出たあと表面が乾いた状態です。かさぶたをはがしたりするとさらに悪化することがあります。専門の病院に診せて薬などを処方してもらった方がいいでしょう。赤黒色は...

頭皮の乾燥対策

接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹です。皮脂欠乏性湿疹でのかさぶたは、白くカサついています。しかし悪化すると出血し、赤黒くなる場合もあります。痒みはできるだけ我慢して掻きすぎないようにしましょう。刺激の強いシャンプーを使わなければ、自力で治せる可能性もあります。接触性皮膚炎でのかさぶたは、アレルギーや外相...

頭皮の乾燥対策

代表的な原因は、シャンプー剤の成分です。これは、男性や女性、赤ちゃんから年配者まで春、夏、秋、冬と一年を通して対策すべきなのは同じです。頭皮の最低限の皮脂さえも洗い流してしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。また、市販されているシャンプーやヘアトニックなどを過剰...

頭皮の乾燥対策

精神的なストレスがたまったり寝不足は、全体的に血行が悪くなります。それにより新陳代謝が鈍り、角質の入れ替わりの肌の循環過程(ターンオーバー)が、正しく行われにくくなります。それは肌が外側の刺激に耐える力や保水する力が弱くなり、乾燥してきます。この症状は、頭皮でも同じです。なおアトピーの肌は、肌再生の...

頭皮の乾燥対策

気が付くとフケも目立つようになった。頭皮に炎症でもできているのだろうか?頭皮かさぶたは、自分でできそうな対処法をする。たとえば、ベビーオイルやクリームなど塗り方を気にしながら試してみようか。頭皮が乾燥している、あるいはは乾燥しがちで敏感という人は、シャンプーを再チェックしましょう。使っちゃいけないの...

頭皮の乾燥対策

皮脂分泌の抑制:ビタミンB群を意識して脂物や甘いものを極端に多くせず、摂取する栄養のバランスに注意します。新陳代謝やホルモンバランスの安定:ホルモンバランスを乱さないためには、良質な睡眠やストレスを溜めないことが重要です。寝て最初の90分間は、ノンレム睡眠といって睡眠の良し悪しの決定時間と言っても過...