顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるかご存知ですか?

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治らないと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。

 

 

知らない人が少なくないのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、症状は同じです。

 

顔と頭、原因はどちらも毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔でも頭でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、保湿と洗髪がポイントです。

 

シャンプーは、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もあります。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように発症することもあります。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症が治らないときは、患部と枕カバーがこすれ合うことで、それが原因になることがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

 

かゆい、痛い等と症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

頭皮に限らず肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こす原因となるわけです。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

 

増えた皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、具合によってはご自身の努力だけでは早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん、素人ではその判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの主な症例としては、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などです。

 

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。