頭皮への気遣いは、シャンプーと保湿が大切です。

洗髪は、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もあります。

 

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように症状が進行します。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーがこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

かゆい、痛い等と言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

かゆい・痛い頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせよく泡をたたせます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

すすぎは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

濡れた髪は、タオルドライの後、ドライヤーの熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に届かないように心がけます。

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することは重要です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、原因になりますので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になっているのは、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である疑いがあります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、主に2つの原因があります。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそ食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないです。

 

適度な皮脂は、頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線の影響を受けやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤の影響や正しくない洗髪で、その必要量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮が皮脂によって守られる作用が小さくなったことを意味します。

 

そういった状態で紫外線を浴びれば、その紫外線の影響で頭皮に炎症が起きるというわけです。