頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。

 

 

赤い頭皮は血行が悪い状態で、それは頭皮に問題を引き起こすきっかけになりやすいです。

 

たとえば顔色の場合、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

 

しかし頭皮は、事情が違います。

 

というのは、頭皮は一番てっぺんにあり血管が細く血行が悪いため白いわけです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮に赤みがあると血行不良で皮膚が異常な状態というわけです。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力を向上させ、肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、正常なターンオーバーは、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがいくつかありますので、ご紹介します。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビなどのできものができた場合、最初に試す価値があるのは、現在使っているシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に届かないよう遮断します。

 

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健康な頭皮にすることは重要です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないように努力します。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?

 

時には、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺や汗腺がとても多く分泌も活発です。

 

頭皮の皮脂腺については、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮に発症したトラブルは、まさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供であってもかゆいや痛いというなら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。