頭皮の赤みの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

シャンプーと言えば、その用途から洗浄力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

 

○○硫酸は、洗う力は強いのですが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、無条件には安心できません。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、シャンプー後のすすぎが不十分でシャンプー剤も汚れも洗い残すと頭皮に炎症ができてしまう原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になっているのは、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である疑いがあります。

 

頭皮の炎症は、主に2つの原因があると言われています。

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

皮脂の過剰分泌の原因は、おおよそ食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は完全な悪者ではないという点です。

 

適度な皮脂は、頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激してしまうになるわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線ダメージを発症しやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その必要量が満たせないほど洗い流してしまった場合などは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線の影響で頭皮に炎症が起きるというわけです。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

健康な個所は、指の腹でマッサージをしながら洗っていいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

後は、ドライヤーを使って頭皮と髪の毛を乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、それはできものができやすいことを意味しますので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎないように注意してください。

 

できるだけできもの箇所には付けないようにします。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら原因を明確にしなければなりません。

 

そのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。