頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

シャンプーと言えば、その用途から洗浄力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そういったシャンプーを毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、無条件には安心できません。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプー選びに注意して使いましょうね。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら次はシャンプーのやり方です。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てたり、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を洗い残すと頭皮に炎症を起こす原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、晴天でも雨天でも外に出るときは、帽子などで紫外線が頭皮に届かないように心がけます。

 

また、紫外線に負けないよう健康な頭皮にすることは重要です。

 

そのためには皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないようにします。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが原因になりますので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、紫外線などによるダメージなど、原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビなどのできものができた場合、最初に試す価値があるのは、現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れは適度に落ち、何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは避けましょう。

 

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

すすぎは、シャンプー剤を一切残さないようにじっくり2分程度流します。

 

濡れた髪は、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

これにより頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。