頭皮の血行が悪く赤くなるのは、炎症も併発している可能性があり、

症状の程度によってはご自身の努力だけでは早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

素人判断で症状が悪化しないように明確な根拠で正しい治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、それらが毛穴に残ってしまって起きます。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、通性嫌気性菌のアクネ菌が古い角質や皮脂を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が密集している上にたくさん皮脂量があるので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい環境になっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿となり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、見えるに堪えられないレベルでまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科の受信は外せないですね。

 

治らないときには、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

頭皮には、皮脂腺や汗腺がとても多く分泌も活発です。

 

特に皮脂腺は、最も多いです。

 

顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いと感じたら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常にすることが大切です。

 

同時に外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが重要です。

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、アルコールはほどほどに、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。