頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、日本皮膚科学会によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みを覚えます。

 

 

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりもノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と似ているので専門医ですら判断するのが難しく、まして素人ではほぼ無理です。

 

予防・対策のためにまず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、清潔さを維持しながらも頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方がわからないならば、皮膚科医を受診することで医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしなければドラッグストアの市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外にご自身ができるのは、頭皮の清潔さを保つことです。

 

清潔にするためには、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、よく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのはやめましょう。

 

泡は十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーは、その用途から洗浄力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そういったシャンプーを毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てて洗ったりなど、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、シャンプー後のすすぎが不十分で汚れだけでなくシャンプー剤を洗い残すと頭皮に炎症を起こす原因なるでしょう。