頭皮のにきびは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚の再生サイクルを正常にすることが大切です。

また外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが重要です。

 

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビなどのできものができた場合、まず最初にすることは現在使っているシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因なのか探るために低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、二日に1回にしてみます。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激というのは代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__頭皮への気遣いは、保湿と洗髪がポイントです。

 

シャンプーは、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮は顔と同じで、べたつきも乾燥もします。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、掻くのと治まるの繰り返しで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷いときは、ネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、枕と炎症部分が擦れることで、それが原因になることがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

意外と気づかないのは、抜け毛がある子供です。

 

かゆい、痛い等と言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

頭皮に限らず肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌とマラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こす原因となるわけです。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂の分泌が増え、増えた皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことや肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔と同じですが、頭の方が皮脂腺が密集している上にたくさん皮脂量があるので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい条件となっています。

 

また、頭は髪が多いので、角質や皮脂など汚れが付きやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。