頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

 

 

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

健康な個所は、指の腹でマッサージをしながら洗って良いでしょう。

 

水分は、タオルで押さえるようにして吸い取るイメージです。

 

後は、ドライヤーで髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

生乾きの状態は雑菌が繁殖しやすく、それはできものができやすいことを意味しますので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎ厳禁です。

 

できるだけできもの箇所には付けないようにします。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、紫外線対策をします。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

そもそも紫外線に負けないよう健康な頭皮にすることは重要です。

 

だから皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないように努力します。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、傷がもとで痒くなるという悪循環になる危険もあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとニキビやできものを作り出す原因となります。

 

ストレスは溜めこまずに発散することが大切というのが理屈ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多いのも事実です。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶がたとえば家の外であれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れやすいと思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、割り切って受け入れることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなるだけでも改善が期待できますので、自分なりのストレス発散の方法を探してみませんか?