頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

 

次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗って良いでしょう。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

 

後は、ドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

生乾きの状態は常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付けないようにします。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると見えるに堪えられないレベルでかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?

 

時には、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺や汗腺がとても多く分泌も活発です。

 

特に皮脂腺は、最も多いです。

 

顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、それ以外の肌のトラブルも同じと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供であってもかゆいや痛いというなら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、皮脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常にすることが必要です。

 

また外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが大切です。

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

総じていえば生活習慣を見直して、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは起こらないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると考えられます。

 

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、そのせいでまた痒くなる、という痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。