頭皮のできものの対処法として最も重要なのは、触れないということです。

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

 

できものがあると、とくにいぼなどはどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

しっかりと観察できないから指先を使って確認したくなってしまいます。

 

ただし、繰り返しになりますが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に付着しているためです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、それにより症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?

 

治らないときには、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。

 

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺や汗腺がとても多く常に分泌しています。

 

頭皮の皮脂腺については、体の中で頭皮が一番多くその数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、それ以外の肌のトラブルも同じと考えた方が良いでしょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供であってもかゆいや痛いと感じたら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、皮脂が過剰にあるとできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、生活することが大事というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散のやり方がわからないという人が多い傾向でもあります。

 

誰でもストレスを発散できる方法というのはありませんが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶が「職場や学校」や「他人」などであれば、その中でも誰にも干渉されない場所を探し出すことで離れられると思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、割り切って受け入れることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなるだけでも解消されやしので、ストレスをちょっとでも発散できる方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが大切です。

 

同時に外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが大切です。

 

それを実現するためにできることは、次の通りです。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う、等です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることがとても大切ということです。