頭皮のできものの対処法として一番良いことは、その「できもの」を触らないということです。

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

 

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

そのため指先を使って確認したくなってしまいます。

 

しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が付着しているためです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも、できものができている部分に雑菌が付くとそれによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防止するためには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地上に降り注いでいますので、天気に関係なく外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に直接当たることがないように心がけます。

 

また、紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することは重要です。

 

そのためには皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないように努力します。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、根本的には、生活習慣の改善が必要かもしません。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

 

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

泡を流すときは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力を向上させ、肌のターンオーバーを促す成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力アップは、できものやニキビができにくい肌にし、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがいくつかありますので、ご紹介します。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このような心掛けでよく眠ることができますので、睡眠の質を上げることができます。