頭皮のかゆみは健康な頭皮には起こらないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外にご自身ができるのは、頭皮の清潔さを維持することです。

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これにより目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのはやめましょう。

 

泡はお湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にできものやニキビができている人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが正論ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。

 

誰でもストレスを発散できる方法というのはありませんが、簡単な方法として、ストレスの原因からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの原因が、「職場や学校」や「他人」などであれば、自分だけの場所や時間を見つけることで離れやすいと思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、良くも悪くも割り切って認めることからスタートしてみませんか?

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなるだけでも解消されやしので、ストレスをちょっとでも発散できる方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎なら洗髪に原因があり頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、清潔さを維持しながらもシャンプーの回数を小さくする方が良いです。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないとドラッグストアの市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?