頭皮にブツブツと湿疹ができることが赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、

なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

 

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなど様々なことをきっかけにして起こります。

 

フケや痒みについては、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、その代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも病院で処方される薬でも薬で対処する方が治りは早いですね。

 

治らないということはまずありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭のケアは、シャンプーと保湿が大切です。

 

シャンプーは、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もあります。

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるの繰り返しで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーが擦れることで、治りにくいということがあります。

 

常に枕のカバーは清潔にするよう心掛け、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

意外と気づかないのは、抜け毛がある子供です。

 

かゆい、痛い等と症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

 

頭に発症した脂漏性皮膚炎の画像は、見えるに堪えられないレベルでかゆみなしとは思えないですが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?

 

時には、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

頭皮の皮脂腺については、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、まさに肌トラブルと同じだと認識しましょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供であってもかゆいや痛いというなら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。

 

頭皮が赤いということは血行が悪い状態で、それは頭皮に問題を引き起こすきっかけになりやすいです。

 

たとえば顔色の場合、運動をしたり長時間の入浴をすると毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

しかし頭皮は、ちょっと違います。

 

というのは、頭皮は一番てっぺんにありまた血管が細いし、もともと血流が悪いので白いのです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮が赤いということは、むしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもというわけです。