頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?

ストレスは、皮脂の過剰分泌を誘発し、皮脂が過剰にあるとニキビやできものを作り出す原因となります。

 

 

ストレスは溜めこまずに発散することが大切というのが理屈ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。

 

「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないですが、簡単な方法として、ストレスの原因からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの原因が、たとえば家の外であれば、自分だけの場所や時間を探し出すことで離れやすいと思います。

 

自分の体形や性格など「自分自身」であれば、割り切って受け入れることから始めますかね。

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなればなるほど改善が期待できますので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人に行ったアンケートによると頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

赤いブツブツと強い痒みがあるなら国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みが出ます。

 

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が一般的に感染力が強いです。

 

ただ、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、素人ではまず判断することはできません。

 

予防のためには、まず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によってはご自身の努力だけでは治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

 

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。