頭皮にニキビなどのできものができてしまったらまず最初にすることは現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因になっているかどうか探るために低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激というのは代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はできものやニキビの原因になります。

 

ストレスは溜めこまずに生活することが大事というのが理屈ですが、ストレスを溜めやすい人は発散がへたな人が多いのも事実です。

 

「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの原因が、「職場や学校」や「他人」などであれば、その中でも誰にも干渉されない場所を見つけることで離れやすいと思います。

 

家の中や自分自身の場合は、良くも悪くも割り切って認めることからスタートしてみませんか?

 

ストレスが原因のできものは、ストレスが小さくなればなるほど改善が期待できますので、ストレスをちょっとでも発散できる方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは避けましょう。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

基本は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めのお湯とは、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、手に適量を取って十分に泡立てます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

乾かすときは、タオルドライの後、ドライヤーの熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の成長には、足かせになってしまうためその先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら原因を明確にしなければなりません。

 

そのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

男性も女性も生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたとニキビができて痛い・かゆいときの治し方は原因をなくすことが大切で、少なくても頭皮を清潔(画像)にすることですから洗髪には注意が必要です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、市販薬では治らないケースがほとんどで、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

 

頭皮にニキビがたくさんできた、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、洗髪のやり方を見直しましょう。

 

大事なことは、どんな成分でもシャンプー市販剤を直接地肌につけないこと、余分な皮脂はしっかりとること、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、そしてシャンプー剤は毛穴に残らないようにすすぎをしっかりやって流しきることです。

 

洗髪後は、髪を生乾きにしないことが大切です。