頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

 

晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

そもそも紫外線に負けないよう健全な頭皮を維持することが大切です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないように努力します。

 

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、原因になりますので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

 

また外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが重要です。

 

それを実現するためにできることをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮に優しい洗髪をする。

 

以上です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛、ひいては薄毛になってしまう危険があります。

 

子供でも同様に間違った治し方だと痛い・かゆいが治らないこともありました。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛に直結ということではないですが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスや自律神経の乱れ、間違ったシャンプーなどがあり、結果的に薄毛を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になっても痒みを軽く考えず、様子を見て皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

男性も女性も将来ハゲるだの既に生え際がハゲただの悩みは尽きません。

 

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたがあって痛いかゆい頭皮ニキビの対策方法は原因排除が重要で、少なくても頭皮を清潔(画像)にすることですので、そのためシャンプーは必須です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、オロナインでは治らないことが多く、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

 

頭皮ニキビができてしまった、またはできやすい人は、洗髪のやり方を変えた方がいいと思います。

 

大事なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を頭皮に直接つけないこと、毛穴に詰まった汚れはしっかりとること、地肌に爪を立てず指の腹で洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは毛穴に残らないようにすすぎをしっかりやって流しきることです。

 

シャンプー後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。