頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は避けるべきです。

 

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほど強い洗浄力はなくても構わないので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー剤を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても見直しましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)しっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、それらが毛穴に残ってしまって起きます。

 

蓋をされた状態の毛穴では、通性嫌気性菌のアクネ菌が皮脂や古い角質を餌として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい環境になっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿となり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、療養のポイントは頭皮保湿と洗髪です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると見えるに堪えられないレベルでかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

 

時には、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、体の中で頭皮が一番多く顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、まさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いと感じたら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

それは子供でも同じで、治し方を間違えると痛い・かゆいが治らないこともありました。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、それらは薄毛を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなってもたかがかゆみと軽視しないで、何日か続く場合は専門の医療機関で診察してもらいましょう。