頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

 

人の肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用が働き、皮脂を分泌します。

 

増えた皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と考えられます。

 

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥に弱い刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると古い角質が肌の表面に残るので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭のケアは、保湿と洗髪がポイントです。

 

シャンプーは、頭皮の脂を取ることに集中しているかもしれませんが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もします。

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷いときは、ネットで検索できるような画像と同じように症状が進行します。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

後頭部に炎症ができて治らないときは、患部と枕カバーが擦れることで、それが原因になることがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

案外見過ごせないのは抜け毛がある子供です。

 

痛いとかかゆい等言っていないか注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、具合によってはご自身の努力だけでは治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、やはり病院の専門医の診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりもそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。