頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

 

人の肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌とマラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応が働き、皮脂を分泌します。

 

余分に分泌された皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、その「できもの」を触らないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

しっかりと観察できないから指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

しかし、くどいようですが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも、できものができている部分に雑菌が付くとそれによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、清潔さを維持しながらもシャンプーの回数を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、皮膚科医を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないとドラッグストアの市販薬では永遠に治らず、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、紫外線対策をします。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

晴天でも雨天でも外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することは重要です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが原因になりますので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。