頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことや肌再生に支障が起きてしまうなどで毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、

それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を栄養として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔と同じですが、頭の方が皮脂腺が密集している上にたくさん皮脂量があるので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい条件となっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

 

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、普段は停止状態ですがケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

炎症が起きている皮膚の中では、ヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものがたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が作り出します。

 

それらが「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるということです。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮の炎症は、主に2つの原因があります。

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

 

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないです。

 

皮脂が頭皮に適量あると紫外線や乾燥から影響されないようにする機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、そのままにしておくと皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激してしまうになるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤や間違った洗髪のやり方によって、その量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮が皮脂によって守られる作用が弱くなった状態です。

 

そういった状態で紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線の影響で炎症が発症するというわけです。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛の対策につながります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)考えられますので、頭皮のかゆみを放っておくとますます状況が悪くなって、抜け毛が目立ち始めると薄毛になってしまう危険があります。

 

それは子供でも同じで、間違った治し方だと痛い・かゆいが治らないこともありました。

 

もちろん、頭皮のかゆみがすべて薄毛に直結ということではないですが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること間違ったシャンプーなどが考えられ、結果的に薄毛を発症させることもあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなってもたかがかゆみと軽視しないで、何日か続く場合は専門の医療機関で診察してもらいましょう。