頭から出る白いかさぶたは、肌再生が正常に行われていないことが原因と考えられます。

ターンオーバーとは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥し、刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできてしまったらまず最初にすることは現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくすことが大切です。

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因になっているかどうか探るために低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れは適度に落ち、何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭皮が赤いときの対策は、洗髪全般を見直します。

 

赤い部分は炎症なので、刺激の強い硫酸系の成分を利用したシャンプー剤は使わない方が無難です。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほど強い洗浄力はなくても構わないので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言えないので、その点に注意してシャンプー商品を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても再チェックしましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

その後はしっかりすすいで、最後に、トライヤーと髪は15p以上離してしっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

頭のケアは、保湿と洗髪がポイントです。

 

シャンプーは、皮脂を取り除くことに集中しているかもしれませんが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もします。

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように症状が進行します。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

後頭部に炎症ができて治らないときは、患部と枕カバーがこすれ合うことで、それが原因になることがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

 

かゆい、痛い等と症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうとゴシゴシ洗うのは避けましょう。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

基本は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプー剤は、手に適量を取って十分に泡立てます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて指の腹で頭皮をマッサージするようにまんべんなく洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

これにより頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?