赤い頭皮になってしまう理由は、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である可能性があります。

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があると言われています。

 

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいは食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどがが考えられます。

 

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないです。

 

適度な皮脂は、頭皮を外部の刺激や乾燥から影響されないようにする役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激してしまうになるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その量がないくらい取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が小さくなったことを意味します。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線の影響で頭皮に炎症が起きるというわけです。

 

 

 

 

 

知って損はない痒みのメカニズムのお話しです。

 

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、普段は停止状態ですがケガなど外部から刺激があると動き出す物質です。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」がたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を生み出しています。

 

それらの物質がかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは続くというメカニズムです。

 

 

 

 

 

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

 

できものがある個所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗って良いでしょう。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

後は、ドライヤーで髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

生乾きの状態は雑菌が繁殖しやすく、それはできものができやすいことを意味しますので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人に行ったアンケートによると頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、気を付けなかればなりません。