赤いブツブツと強い痒みがあるなら日本皮膚科学会によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みが出ます。

 

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬よりノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく肌の見た目で判断するようです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と似ているので専門医ですら判断するのが難しく、素人ではほぼ無理です。

 

予防のためには、まず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。

 

そのようなシャンプーは毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症が発症するきっかけになって赤い部分が生まれます。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

その洗浄成分にはいろいろ性質が違うので、頭皮との相性に影響します。

 

口コミなどを参考にシャンプー選びに注意して使いましょうね。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、洗髪の方法にも注意します。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、頭皮に力づくで容赦のない洗い方はしない方が無難です。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、シャンプー後のすすぎが不十分でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、具合によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、やはり病院の専門医の診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などです。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりも明確な根拠で正しい治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

肌にできるニキビと頭皮にきびは、どんな違いがあるでしょう。

 

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治らないと思っている人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、医学上は同じです。

 

顔と頭、原因はどちらも毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭皮については、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔に比べて髪が長いことが多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そのような理由で、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。