肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるでしょう。

かゆい思いをするのが同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治らないと思っている人には、不思議な点かもしれません。

 

 

知らない人が多いと思われるのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、症状は同じです。

 

顔面と頭皮、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔に比べて長い髪にしている人が多く、顔面のにきびほど目立たないので、対処がおざなりになりがちです。

 

そういったことで、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

人の肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こす原因となるわけです。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応が働き、皮脂を分泌します。

 

増えた皮脂をマラセチア菌がまた分解するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)思われるので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

子供でも同様に治し方を間違えると痛い・かゆいが治らないことも考えられます。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスや自律神経の乱れ、刺激が強すぎるシャンプー剤などがあり、それらは薄毛を発症させることもあるので、注意が必要ですね。

 

市販薬でかゆみなしとなってもたかがかゆみと軽視しないで、様子を見て専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

 

赤い部分は炎症なので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は避けるべきです。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、使う人との相性が悪いことはないとは言い切れません。

 

そういったことも踏まえた上でシャンプー商品を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても見直しましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

しっかりシャンプーの泡を作って泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)しっかりと乾かしましょう。