知って損はない痒みのメカニズムのお話しです。

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

 

通常時は非活性ですが、肌が傷がつくなどをきっかけに動き出す物質です。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」が集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を生み出しています。

 

それらの物質が「かゆみ神経」を刺激することで「かゆい」という感覚が生まれます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人に行ったアンケートによると頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、主に2つの原因があります。

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮が乾燥していることです。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいは食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないという点です。

 

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から守る機能があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線ダメージを発症しやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤や間違った洗髪のやり方によって、その量がないくらい取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が小さくなったことを意味します。

 

そういった状態で紫外線を浴びれば、その紫外線のせいで頭皮に炎症が起きることとなります。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はできものやニキビの原因になります。

 

そのことからストレスは溜めないで、生活することが大事というのが理屈ですが、ストレスを溜めやすい人は発散のやり方がわからないという人が多い傾向でもあります。

 

誰でもストレスを発散できる方法なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの元凶がたとえば家の外であれば、その中でも誰にも干渉されない場所を探し出すことで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、良くも悪くも割り切って認めることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなるだけでも解消されやしので、自分なりのストレス発散の方法を探してみませんか?