知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、普段は停止状態ですが肌が傷がつくなどをきっかけに動き出す物質です。

 

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」が集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を作り出します。

 

それらが「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みを覚えます。

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が一般的に感染力が強いです。

 

ただ、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく肌の見た目で判断するようです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、素人ではまず判断することはできません。

 

予防・対策のために誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

男性も女性も生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの対策方法は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですので、そのためシャンプーは必須です。

 

たとえば、頭痛があってフケだらけならオロナインでは治らないことが多く、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮にニキビがたくさんできた、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、シャンプー方法を変えた方がいいと思います。

 

大事なことは、どんな成分でもシャンプー市販剤を直接地肌につけないこと、毛穴に詰まった汚れはきちんと落とすこと、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、そしてシャンプー剤は頭皮や髪にに残らないように十分にすすいで終わらせることです。

 

洗髪後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、それらが毛穴に残ってしまって発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を栄養として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となってにきびになります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい環境になっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。