睡眠の質が良くなると免疫力を向上させ、肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

免疫力アップは、ニキビやできものができにくくなり、正常なターンオーバーは、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

寝るときに体をリラックスさせておきます。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は避けるべきです。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、使う人との相性が悪いことはないとは言えないので、そういったことも踏まえた上でシャンプー商品を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても見直しましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

肌にできるニキビと頭皮にきびは、どんな違いがあるかご存知ですか?

 

かゆい思いをするのが同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治らないと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が少なくないのは、顔のにきび、そして頭皮にあるにきびは、医学上は同じです。

 

顔面と頭皮、どちらも原因は毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔でも頭でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭皮については、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そのような理由で、頭皮にキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、焦って病院の診察を受けようとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥など様々なことをきっかけにして起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、排せつ物が頭皮を刺激し、炎症からなるものです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。