痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

 

正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、手に適量を取ってよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

泡を流すときは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

濡れた髪は、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできてしまったら最初に試す価値があるのは、いつものシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

ニキビなどのできものがある頭皮では、できるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因なのか探るために刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れは適度に落ち、何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、どんな違いがあるでしょう。

 

痛い思いをするのは同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治らないと思っている人には、不思議な点かもしれません。

 

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、症状は同じです。

 

顔と頭、どちらも原因は毛穴に皮脂が詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように目立たないので、対処がおざなりになりがちです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外に本人ができることは、清潔な頭皮を維持することです。

 

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これをすることで、小さい埃や皮脂はだいぶ落とせます。

 

次に刺激の少ないシャンプーをよく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないよう爪を立てたり、ガシガシ洗うのは厳禁です。

 

最後に泡は、十分なお湯を使ってすすぎます。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは特に痛くないと病気としてとらえない人は、焦って病院の診察を受けようとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなどいろいろなことが原因になって起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、その代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症からなるものです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でも薬で対処する方が治りは早いですね。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。