湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

接触皮膚炎の場合は原因になる物質を避けなければなりません。

 

 

脂漏性皮膚炎の画像は、なかなか直視できないです。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合はシャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬では永遠に治らず、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

逆に赤い頭皮は何らかの異常があります。

 

赤い頭皮は血流が悪い事を意味し、それは頭皮に問題を引き起こすきっかけになりやすいです。

 

たとえば顔色の場合、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。

 

でも頭皮の場合はちょっと違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、血管が細く血行が悪いため白いわけです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮に赤みがあると血行不良で皮膚が異常な状態というわけです。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、余分な脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが大切です。

 

また外部の刺激に強く健康な皮膚にすることが大切です。

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、アルコールはほどほどに、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする、等です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできた場合、最初に試す価値があるのは、現在使っているシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、具合によってはご自身の努力だけでは早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん治るか治らないか、それすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などです。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりも明確な根拠で正しい治療をするようにしましょう。