健康な頭皮に痒みは起こらないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると認識して良いでしょう。

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

 

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

 

対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう注意しましょう。

 

 

 

 

 

赤いブツブツと強い痒みがあるなら日本皮膚科学会によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

 

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みを覚えます。

 

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりもノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒み有無や痒みの程度だけでなく肌の見た目で判断するようです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと症状が似ているので専門医ですら判断するのが難しく、素人ではまず判断することはできません。

 

予防・対策のために誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そういったシャンプーを毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

口コミなどを参考にシャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方は絶対にいけません。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因なるでしょう。

 

 

 

 

 

睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

 

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンを分泌させやすくなります。

 

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、正常なターンオーバーは、ニキビやできものができても治りやすい肌にします。

 

それでは、睡眠の質を上げるためにできることはご存知ですか?

 

今日からできることがいくつかありますので、ご紹介します。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝る前2時間は食事をしないこと。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。