健康な頭皮に痒みは出ないので、痒みがあるということは、頭皮環境が崩れていると考えられます。

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。

 

 

何が原因だとしても髪の毛の成長を妨げるため、酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

肌にできるニキビと頭皮にきびは、どのように違いがあるでしょう。

 

痛い思いをするのは同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治りにくいと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔にできるニキビと頭にできるニキビは、医学上は同じです。

 

顔面と頭皮、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔面のにきびほど目立たないので、対処がおざなりになりがちです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の炎症の種類は、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などです。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりも明確な根拠で正しい治療をするようにしましょう。

 

 

 

 

 

フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と考えられます。

 

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で28日かけて肌の角質に変わります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥に弱い敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと古い角質が肌の表面に残るので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、かゆみなどの肌トラブルを起こします。