フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥し、敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると肌に古くなった角質が残る期間が長いので、くすんだ肌に見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなどいろいろなことが原因になって起こります。

 

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べて排せつ物が頭皮を刺激し、炎症からなるものです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として一番良いことは、触れないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、簡単に見えないことが多くしっかりと観察できないから指先を使って確認せざるを得なくなります。

 

ただし、繰り返しになりますが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が付着しているためです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、それによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、気を付けなかればなりません。