フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と考えられます。

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥し、敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると古い角質が肌の表面に残るので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、様々な肌の障害が生まれます。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって起こります。

 

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症からなるものです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないということはまずありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーは、その用途から洗浄力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮環境にダメージを引き起こします。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症を引き起こし、赤い部分が生まれます。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、しない方が無難です。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、皮脂が毛穴に詰まることで発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが大切です。

 

同時に外部の刺激に強く健康な皮膚にすることが大切です。

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレスをなくす、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、アルコールはほどほどに、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮に優しい洗髪をする、等です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。