もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、

それ以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。

 

 

清潔にするためには、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、よく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、ゴシゴシや爪を立てることはやめましょう。

 

泡は十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)思われるので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

 

それは子供でも同じで、間違った治し方だと痛い・かゆいが治らないことも考えられます。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスや自律神経の乱れ、刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、それらは薄毛を発症させることもあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなっても痒みを軽く考えず、様子を見て皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーは、その用途から洗浄力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプー選びに注意して使いましょうね。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てたり、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤い症状というのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によってはご自身の努力だけでは治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの主な症例としては、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などです。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりもそれぞれの症状に最適な治療をするようにしましょう。