ご参考までになぜかゆみを感じるかご説明します。

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、普段は停止状態ですが肌が傷がつくなどをきっかけに動き出す物質です。

 

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が生み出しています。

 

それらの物質が「かゆみ神経」を刺激することで人はかゆみを感じます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、シャンプーと保湿が大切です。

 

シャンプーは、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もあります。

 

そして頭皮湿疹が痒いときは、無意識に掻いては治まりを繰り返すことで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように発症することもあります。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症がなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーが擦れることで、それが原因になることがあります。

 

常に枕のカバーは清潔にするよう心掛け、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、どんな違いがあるでしょう。

 

痛い思いをするのは同じでも治し方、にきび原因が違うのか、治らないと思っている人には、不思議な点かもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔にできるニキビと頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔と頭、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔でも頭でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも髪が長いことが多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そのような理由で、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めに洗髪全般を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を含有した商品は使わない方が無難です。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほどの力はないくらいが丁度良いので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、頭皮との相性と合わないこともないとは言い切れません。

 

そういったことも踏まえた上でシャンプー商品を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も見直しましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

しっかりシャンプーの泡を作って頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

最後に、トライヤーと髪は15p以上離して生乾きにならないように乾かします。