かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは避けましょう。

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

 

正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮を優しくまんべんなく洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

乾かすときは、タオルドライの後、ドライヤーの熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

これにより頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスが溜まっていませんか?

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はニキビやできものを作り出す原因となります。

 

そのことからストレスは溜めないで、生活することが大事というのが理屈ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散がへたな人が多い傾向でもあります。

 

誰でもストレスを発散できる方法というのはありませんが、簡単な方法として、ストレスの原因から離れること、考えないことが基本中の基本ですね。

 

ストレスの原因が、たとえば家の外であれば、自分だけの場所や時間を探し出すことで離れやすいと思います。

 

家の中や自分自身の場合は、割り切って受け入れることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど解消されやしので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

知って損はない痒みのメカニズムのお話しです。

 

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、肌が傷がつくなどをきっかけに活性化します。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものがたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が生み出しています。

 

それらの物質がかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは続くということです。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である疑いがあります。

 

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があります。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

皮脂の過剰分泌のだいたいは食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないという点です。

 

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から守る役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激する原因というわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線の影響を発症しやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤や正しくない洗髪で、その必要量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びれば、その紫外線の影響で炎症が発症することとなります。