『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、

「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合はシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、清潔さを維持しながらも頭を洗う頻度を小さくする方が良いです。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、皮膚科医を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎によるものならば、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外にご自身ができるのは、頭皮の清潔さを維持することです。

 

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これをすることで、小さい埃や皮脂はだいぶ落とせます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

最後に泡は、十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意してください。

 

 

 

 

 

赤いブツブツと強い痒みがあるなら国立感染症研究所によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気かもしれません。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みを覚えます。

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬より角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が一般的に感染力が強いです。

 

ただ、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと症状が似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、素人ではほぼ無理です。

 

予防・対策のためにまず疑うことから始めるのが賢明です。