『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20代から60代の男性と女性、

合わせて最大1万人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただ、掻くという行為は同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、処方薬を塗る飲む以外にご自身ができるのは、清潔な頭皮を保つことです。

 

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、小さい埃や皮脂は結構洗い流せます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、よく泡立て頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけないよう爪を立てたり、ガシガシ洗うのはやめましょう。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしてください。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合は洗髪に原因があり頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が過敏になることで、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが大切です。

 

また外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが重要です。

 

そのために意識すべきことをお話しします。

 

ストレスをなくす、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮に優しい洗髪をする。

 

以上です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。