「できもの」が頭皮にできた際、一番良いことは、触れないということです。

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

 

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

そのため指先を使って確認したくなってしまいます。

 

しかし、くどいようですが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が付着しているためです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも患部に雑菌が付くとそれによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を小さくする方が良いです。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

自分では原因がわからない、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬では永遠に治らず、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーは、その用途から洗浄力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ取り除いてしまい、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。

 

そういったシャンプーを継続して利用すると頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症が発症するきっかけになって頭皮が赤くなります。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、無条件には安心できません。

 

その洗浄成分にはいろいろ性質が違うので、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて使いましょうね。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症を起こす原因になってしまいます。

 

 

 

 

 

健康な頭皮に痒みは出ないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の毛の成長を妨げるため、その先には、抜毛症になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。