頭皮湿疹の画像を見ると見えるに堪えられないレベルでまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の1つとして皮膚科の受信は外せないですね。時には、ストレスのチェックや市販薬の利用も考えます。わかっているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。全身のうち...

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。未熟のため外部の刺激に耐え...

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの対策方法は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですので、そのためシャンプーは必須です。たとえば、頭痛があってフケだらけなら市販薬では治らないケースがほとんどで、その場合は、ストレスが原因...

シャンプーと言えば、その用途から洗浄力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。○○硫酸は、洗う力は強いのですが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を与えることがあります。そういったシャンプ...

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、普段は停止状態ですが肌が傷がつくなどをきっかけに動き出す物質です。炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞...

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。赤い頭皮は血行が悪い状態で、それは頭皮に問題を引き起こすきっかけになりやすいです。たとえば顔色の場合、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が拡張して赤くなります。しかし頭皮は、事情が違います。というのは、頭皮は一番てっぺんにあり血管が細く血行が悪いため...

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があると言われています。頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいは食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどがが考えられます。過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。もっとも皮脂は完全な悪者ではないです。適度な皮脂は、頭皮...

白いかさぶたも同様とお考え下さい。頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。そのため指先を使って確認せざるを得なくなります。ただし、繰り返しになりますが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。なぜなら多くの雑菌が...

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みを覚えます。人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。通常疥癬(つうじょうかいせん)よりもノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです...

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの対策方法は原因排除が重要で、少なくても頭皮を清潔(画像)にすることですから洗髪には注意が必要です。たとえば、頭痛があってフケだらけなら市販薬では治らないケースがほとんどで、そのケースでの原因は、スト...